juneyes

junの観たもの聞いた音
心から溢れる言葉と共に過ごした風景

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

朝は

SA3A0100001.jpg
雨だったのに

こんなに晴れた…


こんな日は

一緒に散歩がしたいね



遠い空の下

君も同じ空を眺めているんだろうか



空が青いのはね

空が僕らの気を引いて

二人の心を繋いでくれているのだろう…


だって、空の色は

それを眺める人の心を食べて

色付いているのだ。



幼い頃、父は僕の手を引いて

空を指差しそう教えてくれた









.
photo by jun

あふれ水

20080211095440.jpg
長い長いトンネルを抜け

ただこの日を夢見てた。


無理をせず、休まず

今の私を受け入れて

貴方の前にやってきた…

貴方に会うためだったんですね。



ヨロシクね…

そうか、だから貴方は

そんなにも

清く

やさしく

輝くのですね。








photo by jun

霧立つ霧

20080211101511.jpg
霧に立つ霧は

霧臭う霧…

何も見えぬ霧の中

霧の臭いが形に香る


見えぬ思うな、物みの極意
晴れては嗅げぬ

もののけの花
photo by jun

今は昔

20080211081949.jpg
今は昔…

いつからが過去

いつからが未来?




今が無限に拡がっていく




今は全て、今が永遠…





朝靄に映る止まったような今


無限大の躍動を含む

無制限の静寂が

ただ、ただ、ひろがり続ける
photo by jun

玉水

20080211093236.jpg
玉水の祈り…

玉水の香り…

玉水の囁き…



玉水にその区別はない


祈りは芳しく

その言葉はたわいない囁きごと…



全てが祈るように営まれる

玉水の儚(はかな)い 世界がそこにある
photo by jun

雲が見てる

08-01-02_17-36.jpg
雲が、見てる

雲が、見てる

船出前の僕を見てる



ただ何も言わず

ただ見てる…


信じているんだ

ただ、信じられているんだ…
photo by jun

虫の音(mushinone)

20070916010433.jpg
この部屋で物思いにふける

虫の音だけか聞こえる


永遠の時が聞こえて



僕の身体は溶けていく






時と僕の部屋が


均一に混じり合うと




僕はどこへでも飛んでいける



さあ



今夜も…




大冒険へ


…出発点だ
photo by jun

昼夜の境目

20070825183524.jpg
昼が終わり

水平線の彼方から

夜がやって来る

両手を広げて

星たちの出番がやってくる

ずっと見つめていたい…


大好きな君と
photo by jun

夏休み

20070825183730.jpg
夏休み…

海の向こうにも

夏休みはあるのかな?


きっとそこはずっと夏休みに違いないよ


だって、夕日が沈む

あの向こうは

あんなに綺麗なんだもの
photo by jun

覗き日

20070824174730.jpg
天が山に連なる狭間

日が闇に居場所をゆずるその時

空が一瞬輝きを増す…



覗き日の輝く…

その一瞬

光の祈りを聞く事ができる者は

自らの祈りを聞きいれられるという…



一斉に蝉しぐれがうるさく泣いた

光の祈りが聞こえたらしい
photo by jun

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
>> Links
<< 2 / 19 >>

このページの先頭へ