juneyes

junの観たもの聞いた音
心から溢れる言葉と共に過ごした風景

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

上り道

20080211100233.jpg
上り道


一気に登る


下るように一気に登る。



下り道

ゆっくり降りる…

上るように確かめながら…
photo by jun

その時

SA3A0815.jpg
その時、君が僕を見つめる

今この瞬間を見つめてる。
この一瞬は君に切り取られ永遠の時になる


そして僕は君の姿を永遠にする…


だって君は傍観者じゃない。



君がいるから


僕はここに来たんだもの…
photo by jun

古い道

20080426132754.jpg
古い道は

奮い道

その向こうへ行きたい人の
思いが積み重なり道はできる


夢追い人の奮い立つ

勇気と夢と汗と涙と

染み込んだ思い出の轍(ワダチ)が

フルイミチに育つのだ
photo by jun

きみをまつ

20080717113928.jpg
きみをまつ

いつかくるきみをまつ

時間がどっちからくるのか
わからないくらい



きみをまつ…
photo by jun

千の滝

20080421180642.jpg
その昔

この星に千の滝が現れた
千の滝は命の宿り代(yadorishiro)

母なる海を作ったよ



千の滝は

一なるものが千になる事を教えてくれる


千の滝は

千なるものは一なるものから

生まれる事を知っている


夢が無限に広がるように


千なる滝は美しい…


夢は叶う事が美しいんじゃなくて

その躍動自体に感動するんだ



広がり、集まり、変化する


千の滝のように…








.
photo by jun

道の歩み

20080426132811.jpg
人が道を作る

動物も道を作る

人だけが行く末を思い

道を残す…

道を残す道人の子孫は

感謝を込めて道を踏んでいく


道は道としての歴史を積み重ね

積みかさなった祈りの分だけ


人と人を繋ぎ

歴史と歴史を繋ぐ


歴史や文明がかわっても

時代や人が変わっても、


道だけは、ただ道として

その役割を
積みかさねてゆくものだ。







.
photo by jun

偶然

20080426133023.jpg
偶然は必然


出会いは別れの始まりだというけれど

偶然は出会いと別れの中間

許されるなら

今のまま…

ずっとずっと

今のまま…


だって…



ずっと一緒にいたいから…









.
photo by jun

ささやき

20080424142958.jpg

風が抜けると風のささやき

雨が落ちると雨のささやき

水、流れると水のささやき

耳傾ける


静かな祈りを聴く










.
photo by jun

一筋の光

20070517174816.jpg
一条の光がくる…

自然と空を見上げる…



いつもその時は分かるよ

窓際に近寄って




…ほら始まった







.
photo by jun

あふれ水の祈り

20080211095440.jpg
岩から湧き出るあふれ水

水が大地の中を

どれぐらい旅してきたかは誰もしらない…


水が暗闇を旅するのは

世界の旅を終えたと自覚した水が…

沈黙の時を過ごすため


沈黙の旅の卒業生が

その経験のすべてを捧げる相手を

選ぶ事はできない

全身全霊そのものである<あふれ水>の想いを受け取るには

僕ら自身が沈黙の達人でなければならないのだ



彼らの根源的な純朴さは

笑顔の祈りとなって僕に聞こえてくる


僕は手を差しのべて

その水を静かに口にもっていった


思わず手が震えこう呟いた






ありがとう…

   見ていてね




.
photo by jun

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 19 >>

このページの先頭へ